2010年08月14日

■ふたこわたるさんと児童文学についてわいわい語り合う会〜大自然の中で生きる児童文学

この会は終了いたしました

●ふたこわたるさんと児童文学についてわいわい語り合う会
   〜大自然の中で生きる児童文学〜

児童文学については自宅にライブラリーがあるほどのたまちゃんと、
そこまでではないけれども好きな本の上位が児童文学で占められているふたこさんで、
児童文学についてわいわい語り合います。

たまちゃんが最近改めて感銘を受けているのは、
名作、大草原の小さな家シリーズ。

一方、ふたこさんが今、絶賛しているのが
6000年前の狩猟採取時代を舞台にした、「オオカミ族の少年」のシリーズ。

そんなわけで今回は、児童文学を素材に
大自然の中で生きるということを語り合います。

コントロールできない自然の中で、不安を抱えながらではなく、
愛と感謝に溢れて生きることにはどうしたらいいのか?

自然の驚異を前に明日死ぬかもしれなくても、今日を笑顔で過ごせるのか?

失敗するかもしれないと思いながら、物事に立ち向かうにはどうしたらいいのか?

児童文学に限らず、自然との共生、
心やたましいのことが好きな方ならお楽しみいただけると思います。

お誘い合わせの上、是非、いらしてください!

■日時 2010年9月25日(土)19:00〜21:00

■料金 ¥1000 

■定員 15名

キノコ荘MAP.jpg

●場所:キノコ荘
    札幌市西区琴似1条2丁目1-10
   JR琴似駅から徒歩5分
   地下鉄琴似駅から徒歩7分 
地図はこちら↓
http://kinoko-kotoni.jimdo.com/アクセス/

※琴似駅前メイン通り沿いのブックオフと自然食品店anewの正面に細い道があります。
そこを100mくらい入って左側、黒い屋根二階建て一軒家です。

※和室となります。和室で過ごしやすい服装でお越し下さい。

※駐車場はございませんが、同じ細道沿いにコインパーキングがございます。
(30分間100円、一日600円出し入れ自由)

★お申し込みはこちら
asahioka★@hotmail.com(★を抜いて送信してください)

メールの件名を「児童文学の会」
とし、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎児童文学の会 に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
 お申し込みの動機:
================================================

ふたこバイオリン.jpg

■案内人:二子 渉
HP http://www.geocities.jp/processworkwf/index.html
ブログ http://windshamanwf.blog34.fc2.com/

工学博士。カウンセラーとして個人セッションを行っているほか、瞑想指導や、「地球に生きることをたっぷり味わう」をテーマに、音楽、料理、自然などあらゆるものを味わい、豊かさを享受するプログラムを提供中。彼が主催するネイティブアメリカンの智恵と技術を伝えるセミナーは、地球に生きていることの意義を実感できると感動を呼んでいる。好きな児童文学作家は、ミヒャエル・エンデ、宮沢賢治など。今熱いのはミシェル・ペイヴァー「オオカミ族の少年」ほか。


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。