.

2014年02月15日

■4/26・27 児童文学合宿in我が家

このイベントは終了いたしました。


もう直前なのですが、やります!児童文学合宿。

我が家にはものすごい量の絵本・児童文学があります。

ちょっとした文庫並の蔵書です。

その蔵書の中で、私が特にオススメ、というものについて数冊ご紹介して、
その本を各自読んでもらって、二時間後くらいに再度集合して感想をシェアしあう、という
ゆるーーーい合宿です。

四月末、私の住む北海道の山村はとってもいい季節。

まだ日陰には残雪が残っていることでしょう。

日当たりの良いところは野の花が咲き始めていることでしょう。

山菜も色々採れるかもしれません。

そんな環境の中を児童書片手に散策してみませんか?

お子様連れの参加も可能です。
(当方、13歳の息子と6歳の娘がおります。一緒に遊べるような年齢のお子さんだと退屈しないと思われます。)


一泊二日、泊まり込みで児童文学について語り、北海道の自然の中を散策する・・・

初夏の北海道の美しい自然に囲まれて童心に返ってみる時間をお楽しみ下さい。


書棚 ファージョン、ケストナー.jpg家の前を歩く私090714.jpgIMG_1484[1].JPG草原と林.jpg

 ■日程:2014年4月26日(土)11時小樽駅集合
       27日(日)16時小樽駅解散

 ■定員6名

 ■参加費:15,000円 ※宿泊費&食費&送迎費込み
※お子様連れの参加も可能です。お子様料金5000円
※26日の昼食、夕食、27日の朝食、昼食の四食分が含まれます。
※26日夜は希望者で温泉に行きます。温泉入浴料は各自ご負担ください。
※宿泊せずに通いでの参加も可能です。その場合は参加費10000円となります。

 ■場所:あさひ丘工房(珠帆美汐の自宅です) 
     北海道余市郡赤井川村
      サイトhttp://www.asahioka.com/index.html
      地図http://www.asahioka.com/road_information.index.html

※自家用車利用の場合:札幌より 札樽自動車道 朝里インターチェンジ下車
   →R393で赤井川村方面、
  もしくはR5より道道余市赤井川線にて札幌−赤井川村約80分(札樽自動車道)

 ■お申し込みはこちら。
http://ws.formzu.net/dist/S75932979/

メールフォームが上手く送信できない方は珠帆美汐までメールでどうぞ。
asahioka★@hotmail.com(★を抜いて送信してください)

メールの件名を「児童文学 申し込み」
とし、下記の項目をコピー&ペーストの上、記入してお知らせください。
==============================================
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 送迎希望の有無:希望する/希望しない
 お食事について:食べられないもの、アレルギーなどがある方はぜひ詳しくお願いします。
 宿泊希望の有無:宿泊する/しない
 何を見て知りましたか:
 お申し込みの動機:
==============================================


書棚 アーサーランサム.jpg2010年6月第一回児童文学合宿ベランダ.jpg100501ヤチブキどアップ.jpg

◎珠帆美汐おすすめ児童文学リスト
「ツバメ号とアマゾン号」(アーサー・ランサム)
「トムは真夜中の庭で」(フィリパ・ピアス)
「ともしびをかかげて」(ローズマリ・サトクリフ)
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」(ファージョン)
「誰も知らない小さな国」(佐藤さとる)
「ウォーターシップダウンのウサギたち」(リチャード・アダムス)
「台所のマリアさま」(ルーマー・ゴッデン)
「のっぽのサラ」(パトリシア・マクラクラン)
「人形の家」(ルーマー・ゴッデン)
「足音がやってくる」(マーガレット・マーヒー)岩波書店
「ようこそ、おまけの時間に」(岡田淳)偕成社文庫

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

【児童文学合宿への、私の想い】
私の大好きな大好きなもの、児童文学。

それにだれも興味を持ってくれない、ってとても悲しく思ってました。

誰も児童文学なんて好きじゃない、少なくとも私のまわりの人は、って。

黙ってあきらめて封印してました。

すごく寂しかったし残念だったしがっくりきてました。


それを、語ってもいいの?興味持ってくれるの?聞きたいって思ってくれるの?


長い間の封印を解くと、私の愛はほとばしりました黒ハート

私が、私の大好きな本について語ると、なぜか皆さんハンカチを出して目頭を押さえられるのです。

悲しい話なんて、してないんですよ?

終わってから、口々に「感動して涙が出た」って言っていただきました・・・

私が私の好きなものについて語るだけで、人の心を揺り動かせる・・・

ものすごく不思議な体験でした。

そして、とても嬉しかった。


最初に「ぜひたまちゃんの絵本や児童文学の話を聞きたい」と言ってくださり、
企画・主催してくださった青葉航さん、本当にありがとうございました!!

いくら感謝しても感謝したりません。

私の一部が、息を吹き返しました。

私の大切な一部を、取り戻しました。

ありがとうございました晴れ

今回は初の、青葉航さんに主導していただくのではない、私の独自企画の児童文学合宿となります。

前回が2011年。

もう三年も前なんですね。

あっという間です。

久しぶりの開催、それも青葉航さんのいらっしゃらない、自分だけでの開催。

緊張しますが、よろしければいらしてくださいませ。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 23:12| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

■【小樽】ぐるぐる的大人のための絵本茶話会

このイベントは終了しました

5/25(土)午後、小樽のキッチンぐるぐるで、
定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

日時:2013年5月25日(土) 15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:3000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg


■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【以前のアンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 08:32| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

このイベントは終了いたしました

12/8(土)午後、小樽のキッチンぐるぐるで、
定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

日時:2012年12月8日(土) 15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:2000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg


■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【以前のアンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 20:38| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

■7/7【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

このイベントは終了いたしました。

7/7(土)午後、小樽のキッチンぐるぐるで、
定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

今回は、「男の子のための冒険絵本」をテーマに読もうかなと思ってます。

そして、前回行って評判の良かった「絵本の心理学的考察」も行おうかな、と。

楽しみにしていてくださいませ。

もう当日ですし、お申し込みナシのぶらり飛び込みでぜひ気軽にいらしてくださいな!

絵本並べてるとこ.jpg

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

日時:2012年7月7日(土) 15:00〜17:00

参加費:2000円(ワンドリンク付き)

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

定員:先着10名

★お申し込み方法:
もう当日ですし、お申し込みナシのぶらり飛び込みでぜひ気軽にいらしてくださいな!


珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
ブログ http://ameblo.jp/tamahomisio/
現実を動かす7ヶ月間グループセッション「セラサポ」9月開講!募集開始してます!
http://serasapo.blog112.fc2.com/
★ライトワーカーとして輝きたいすべての方を応援します〜珠帆印
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 22:59| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

こちらの企画は終了いたしました

2/4(土)午後、小樽のキッチンぐるぐるで、
定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

今回はテーマを特に決めずにいこうと思います。

当日の皆さんのお顔を見て直感的にテーマを決めますね!

楽しみにしていてくださいませ。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

日時:2012年2月4日(土) 15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:2000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 20:37| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

このイベントは終了いたしました

10/1(土)午後、小樽のキッチンぐるぐるで、
定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

今回はテーマを特に決めずにいこうと思います。

当日の皆さんのお顔を見て直感的にテーマを決めますね!

楽しみにしていてくださいませ。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

日時:2011年10月1日(土) 15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:2000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 23:06| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

■【東京】珠帆美汐による大人のための絵本読み聞かせ『いのちはめぐる』

この講座は終了いたしました。

深く信頼する盟友、ふたこわたるさんのところで、大人のための絵本読み聞かせを
行わせていただけることとなりました!

私のお気に入りのテーマ、「いのちはめぐる」。

ぜひ高尾山の自然の中で聞いてみてください。

たくさんの方に聞いていただきたい。

都合の付く方はぜひ、いらしてくださいませ!

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【東京】『いのちはめぐる』
    珠帆美汐による大人のための絵本読み聞かせ
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『私たちは生かされていて、そして大きないのちの流れの一部。
私たちの身体を構成する分子は、すべてこの地球の一部。
ビッグバンの昔から、
恐竜の身体の一部だったりマンモスの身体の一部だったり、
生々流転を繰り返してきた分子で、
私たちの身体は構成されている。

私たちの身体は、この地球に属している。
他のすべてのいのちときょうだい。

どの「いのち」も光。
その「いのち」も、大切な輝く存在。
どの「いのち」も、誰かのこども。誰かのきょうだい。

でも、私たちはそんな重いいのちをいただかなくては生きていけない。

私たちは、そんな唯一無二の愛しいいのちを食べ続けて、今日がある。

私たちは分断されておらず、私たちは孤独ではない。

私たちは生かされていて、そして大きないのちの流れの一部。 』

ということを実感させてくれる絵本の中から、芸術性、メッセージ性、完成度
の高いものを
いくつか珠帆が選びました。

それらをまとめて鑑賞し、そこを通して私たちの中に生まれてくる想いを
集まってくださった皆さんで分かち合う時間を持ちましょう。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

■日時
 2011年11月3日(木・祝)
 10:30〜12:30

■場所
 風使いの小屋 高尾セッションルーム
 京王線、JR中央線高尾駅下車 
 お申し込みのあった方に詳細をご連絡します。

■参加費 3000円
 
■お申し込み
 こちらのフォームよりお申し込みください。
パソコン http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P31631504
携帯用  http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P31631504

10.jpg

◎珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
◎絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三児の母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了
絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。
自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。



【11/30アンケート結果より抜粋】

・これからの生き方、人や子どもに伝えていきたいと思いました。
(37歳、主婦、札幌市)

・すべて命だとか天の恵みもいただくなど、生かされていることを
実感しました。(匿名希望)

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・自然や周りに当たり前にあるものに常に感謝をして生きていこうと
思いました。
 生をいただいたものに恥ずかしくないように精一杯生きたいと
思いました。
 学校で習う「弱肉強食」ではまったく伝わらない深さを感じました。
(35歳、会社員、北広島市)

・生きること、めぐること、ゆったりと暮らすこと、本当に大切なことは、
流れに逆らわず、自分もまわりも尊重して生きていくことなのかなと思い
ました。
良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・今日は素敵な絵本を紹介していただいてありがとうございました。
 命は巡っているんだよ、だから命は自分一人のものではないんだ、
命を作っている自然も大切にしていかないと・・・いろいろなことに
気づかされました。(39歳、薬剤師、札幌市)

・今日のテーマ"生と死"、自分の中で大切なことが確認できて、とっても
良かったです。(47歳、札幌市)

・子どもに絵本を読むのが好きですが、あえてこのテーマで考えたことが
なかったので、とても興味深く参加しました。

 100パーセント以上満足しました。
「生きる」ことを根源から掘り起こすようなメッセージ性に心を揺り動か
されました。
 また、読んでもらう幸せを味あわせていただき感謝です。(55歳、札幌市)

・絵本の中に込められた「命の輪」は、老若男女いろんな人たちに伝えたい
と思いました。
感謝とつつましやかな気持ち、そして変わらない日常の大切さに気づかされ
ました。(43歳、主婦、札幌市)

・衝撃的な出会いがたくさん!! ありがとうございました。
 
 "死に様"、それにつながる命の尊さ。

 珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)

・生と死に ついて考える時のひとつの基本として シンプルに考えられそう。
 全ての本に共通する 生と死の つながり その流れに ついて。

・命の連鎖・食べることの素晴らしさ、それを 意識することの大切さをおなかで 
 受け取った。腑に落ちた感じがしています。

・突き詰めたことのない テーマだったので ちょっと驚き参加者様も含めて
 本気度を ひしひしと感じれました。

・いのちのめぐりを みんなで 共有できてすごくうれしかったです。

100219児童文学読書会読み聞かせ中.jpg

【珠帆美汐からのメッセージ】

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを
思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。


子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力
に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを
思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 01:19| 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

■第二回 児童文学ワークショップin北海道

このイベントは終了いたしました


exclamation4日のみ、5日のみ、の参加が可能になりました!
4日のみの参加の場合参加費5000円、5日のみの参加の場合参加費10000円になります。
よろしければご検討ください!



私の大好きな大好きなもの、児童文学。

それにだれも興味を持ってくれない、ってとても悲しく思ってました。

誰も児童文学なんて好きじゃない、少なくとも私のまわりの人は、って。

黙ってあきらめて封印してました。

すごく寂しかったし残念だったしがっくりきてました。


それを、語ってもいいの?興味持ってくれるの?聞きたいって思ってくれるの?


長い間の封印を解くと、私の愛はほとばしりました黒ハート

私が、私の大好きな本について語ると、なぜか皆さんハンカチを出して目頭を押さえられるのです。

悲しい話なんて、してないんですよ?

終わってから、口々に「感動して涙が出た」って言っていただきました・・・

私が私の好きなものについて語るだけで、人の心を揺り動かせる・・・

ものすごく不思議な体験でした。

そして、とても嬉しかった。


企画・主催してくださった青葉航さん、本当にありがとうございました!!

いくら感謝しても感謝したりません。

私の一部が、息を吹き返しました。

私の大切な一部を、取り戻しました。

ありがとうございました晴れ


100219児童文学読書会読み聞かせ中.jpg100219東京児童文学読書会集合写真.jpg100219児童文学読書会テーブルを囲んで.jpg


このたび、2回目の児童文学合宿が実現します。

前回同様、北海道の我が家を舞台に。


一泊二日、泊まり込みで児童文学について語り、ドラムサークルを楽しみ、北海道の自然の中を散策する・・・

初夏の北海道の美しい自然をバックに、童心に返ってみる時間をお楽しみ下さい。


書棚 ファージョン、ケストナー.jpg家の前を歩く私090714.jpgバッチ勉強会.JPG

 ■講師:珠帆美汐、青葉航

 ■日程:2011年6月4日(土)13時小樽駅集合
       5日(日)17時小樽駅解散

 ■定員8名(宿泊は6名まで) 残席6名

   1.K.R様(2010年11月8日申込受付)
   2.S.W様(2010年12月30日申込受付)
   3.(残り枠)
   4.(残り枠)
   5.(残り枠)
   6.(残り枠)
   7.(残り枠)
   8.(残り枠)
  ※ご入金をもってエントリー手続きが完了となります。キャンセル待ちも受け付けます。

 ■参加費:18,000円 ※交通費&宿泊代は各自
   宿泊・食費5,000円(1泊3食付き)※通いの方は食費として2,000円

   計23,000円

   お振込先:みずほ銀行 四谷支店 普通 8059952
          インスパイア ダイヒヨウ ナカムラ ワタル


 ■内容:(プログラム予定)

 ・6/4(土)
  13〜15時小樽→珠帆自宅まで移動。休憩、周囲散策など。
  15〜18時 ワークショップ
  18〜19時 ドラムサークル
  19〜21時 休憩(食事・入浴)
  21〜22時 自由遊びタイム(絵本朗読あるかも?)

 ・6/5(日)
  8時〜 朝食
  9〜11時 ワークショップ
  11時〜 散歩、戸外での食事など(天候による)
  14〜16時 ワークショップ
  17時 小樽にて解散


→児童文学の会お申し込みフォームはこちらです。
  PC用
  https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P46788834

  携帯用
  https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P46788834



 <スケジュール>

 ■小樽までは現地集合ですので、各自お越しください。

 【モデル日程】
 6/4(土)羽田空港→千歳空港→小樽駅13時集合→赤井川村14時ころ
 6/5(日)赤井川村→小樽→千歳空港→羽田空港

 ※最寄り空港は新千歳空港です。

 ※会場である我が家に直接来てくださってもかまいません。
  自家用車利用の場合:札幌より 札樽自動車道 朝里インターチェンジ下車
   →R393で赤井川村方面、
  もしくはR5より道道余市赤井川線にて札幌−赤井川村約80分(札樽自動車道)

 ※送迎利用の場合:JR小樽駅に13時に集合ください(新千歳空港駅から約70分)。


ひらめき今回「誰も知らない小さな国」(佐藤さとる) を事前に読んで集まっていただくことにしました!
感想を語り合える共通の本があると盛り上がりますよね。


◎珠帆美汐おすすめリスト
「ツバメ号とアマゾン号」(アーサー・ランサム)
「トムは真夜中の庭で」(フィリパ・ピアス)
「ともしびをかかげて」(ローズマリ・サトクリフ)
「リンゴ畑のマーティン・ピピン」(ファージョン)
「誰も知らない小さな国」(佐藤さとる)
「ウォーターシップダウンのウサギたち」(リチャード・アダムス)
「台所のマリアさま」(ルーマー・ゴッデン)
「のっぽのサラ」(パトリシア・マクラクラン)
「人形の家」(ルーマー・ゴッデン)
「足音がやってくる」(マーガレット・マーヒー)岩波書店
「ようこそ、おまけの時間に」(岡田淳)偕成社文庫

◎グランドルール
・この読書会は連続企画になる予定ですので(^^)
 次回読書会までに今回紹介した本のうち一冊は必ず読む
・冒険する
・正直である
・挑戦する

書棚 アーサーランサム.jpg2010年6月第一回児童文学合宿ベランダ.jpg
我が家をバックに輪.jpg


 ■場所:あさひ丘工房(珠帆美汐の自宅です) 
     北海道余市郡赤井川村
      サイトhttp://www.asahioka.com/index.html
      地図http://www.asahioka.com/road_information.index.html


2010年7月読み聞かせin東京.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。



青葉航.jpg

■青葉 航プロフィール
http://homepage3.nifty.com/watarun/青葉

プロフェッショナル起業コーチ
VOICE社公認ソーストレーナー
NLPマスタープラクティショナー
NLPトレーナーアソシエイト

ドラムサークル・ファシリテーター
野外冒険教育インストラクター
元 ベンチャー・キャピタリスト

米国CTI認定 プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
国際コーチ連盟(International Coach Federation)会員
特定非営利活動法人 日本コーチ協会(JCA)会員
日本アウトワード・バウンド協会「JALT2006」修了

  【VOICE社公認ソース・マスタートレーナー】 ソース歴10年
   ソース・トレーナー養成講座(6期)を2002年6月に修了。
   ソース・アドバンストレーナー養成講座の講師を務めているマスタートレーナー。

  【プロフェッショナル起業コーチ】 コーチング歴10年
   コーチ養成機関CTIジャパンの応用コース(3期)を2001年7月に修了。 
   米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチの資格を2004年7月に取得。
   NLPマスタープラクティショナー(国際NLP協会)。

  【起業支援の専門家】 起業支援歴15年
   投資会社を経て、ブランドライセンス管理会社の役員、
   起業コンサルティング会社の社長を歴任。
   これまでに4千人を超える起業家と面談した経験と、
   コーチングやソース、NLPのメソッドを効果的に組み合わせて、
   長続きする「スロー&リラックス起業」をテーマに「起業セミナー」を開催中。

   おだやかな人柄と鋭い直感力、広い視野・好奇心を持ち、
   起業家、ビジネスマンからスポーツ選手、アーティスト、医師、コーチ、セラピスト
   まで幅広いクライアントに支持されている。
   現在は、60名を越える契約クライアントへの「起業コーチング」のほか、
   個人ブランドコンサルティング、ワークショップを提供中。
   ボイストレーニング教室やヨガ教室もプロデュースし、心身両面に働きかけて
   「人生の節目(過渡期)」を楽しみながら成長するサポートを行っている。
   ドラムサークル・ファシリテーター、野外冒険教育インストラクター。

 ★もっと詳しいプロフィールはこちら
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

■【神戸】クリスタルボウルユニット「花音」の響きとともに珠帆美汐による大人のための絵本読み聞かせ

この講座は終了いたしました。

おかげさまで満席となりました!

 ●『この惑星(ほし)の上を、ただただ生命(いのち)は巡っていく』
クリスタルボウルユニット「花音」の響きとともに
    珠帆美汐による大人のための絵本読み聞かせ



 優れた絵本は

 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 まるで、恋のように。

私は「大人のための絵本読み聞かせ」を、ライフワークと考えています。
今まで、東京、小樽、札幌、奈良、長崎など日本各地で行ってまいりました。
おかげさまで毎回、「泣けた」「ずっしりと胸に響いた」と好評をいただいてます。

100219児童文学読書会テーブルを囲んで.jpg

今回、嬉しいことに、古い友人の奏でるクリスタルボウルの響きとともに
そのライフワークを行えることになりました!

地球という星の、大地からの贈り物クリスタル(水晶)で形作られた楽器、
クリスタルボウル。

その豊かな倍音の響きは、細胞液や髄液を細かく振動させ、
全身をゆるませ活性化し浄化を促すと言われています。

まずはクリスタルボウルの演奏でほぐれていただくことで、
今回の読み聞かせのテーマ「いのちの受け渡し」「いのちの連鎖」を
意識を超えた深いところから感じ取っていただければいいなと願っています。

クリスタルボウルの演奏と絵本のコラボレーション、
『この惑星(ほし)の上を、ただただ生命(いのち)は巡っていく』
お楽しみください。

アルケミークリスタルボウル.jpg


■日時:2011年4月24日(日)13:30〜16:30

■場所:JR兵庫駅から徒歩10分(お申し込みの方へお知らせします)

■参加費:5000円

■定員:先着10名

★お申し込みは須貝悦子までメールまたはファックスでお申し込みください。
ekkuuok218★@yahoo.co.jp(★を抜いて送信してください)
ファックス 078-682-8320

メールの件名を「クリスタルボウル&絵本 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎クリスタルボウル&絵本 に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================



■出演

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

◎珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
◎絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三児の母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了
絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。
自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。


花音.jpg

◎「花音〜kanon」
「花音〜kanon」は、中野優子と長尾知世子とのアルケミークリスタル
ボウル演奏ユニットとして、2008年5月にスタートしました。
以来京都を皮切りに、大阪箕面、高野山、神戸、淡路島など関西
方面を中心に活動をしています。
昨年から、神戸・舞子のホテルセトレで定期的にコンサートを開催し、
海を舞台に自然と融合したユニークな演奏活動が好評を博しています。
アルケミークリスタルボウル奏者・牧野持侑さんのイベントの運営・
企画も、今年で7年目を迎えました。
「花音」は今までお客様とのご縁を大切にし、ゆっくり一歩ずつ
成長してきました。
女性ならではの温かく優しい音色が持ち味です。

花音のHP:「こころの音色」  http://crystal-kanon.com/



【今までのアンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)

・生と死に ついて考える時のひとつの基本として シンプルに考えられそう。
 全ての本に共通する 生と死の つながり その流れに ついて。

・命の連鎖・食べることの素晴らしさ、それを 意識することの大切さをおなかで 
 受け取った。腑に落ちた感じがしています。

・突き詰めたことのない テーマだったので ちょっと驚き参加者様も含めて
 本気度を ひしひしと感じれました。

・いのちのめぐりを みんなで 共有できてすごくうれしかったです。




shelf-12.jpg

【珠帆美汐からのメッセージ】

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。



まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。



そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

このセミナーは終了いたしました。

3/12(土)午後、小樽のキッチンぐるぐるで、
定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

今回はテーマを特に決めずにいこうと思います。

当日の皆さんのお顔を見て直感的にテーマを決めますね!

楽しみにしていてくださいませ。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

2010年7月読み聞かせin東京.jpg

日時:22010年3月12日 (土)15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

このイベントは終了いたしました

小樽のキッチンぐるぐるで、定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

今回のテーマは、「甘えてもいいんだよ」。

ちょっと童心に返ってゆるむ時間を楽しみにいらしてくださいませ。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

絵本WS東京050710.3.jpg

日時:22010年12月18日 (土)15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

■ふたこわたるさんと児童文学についてわいわい語り合う会〜大自然の中で生きる児童文学

この会は終了いたしました

●ふたこわたるさんと児童文学についてわいわい語り合う会
   〜大自然の中で生きる児童文学〜

児童文学については自宅にライブラリーがあるほどのたまちゃんと、
そこまでではないけれども好きな本の上位が児童文学で占められているふたこさんで、
児童文学についてわいわい語り合います。

たまちゃんが最近改めて感銘を受けているのは、
名作、大草原の小さな家シリーズ。

一方、ふたこさんが今、絶賛しているのが
6000年前の狩猟採取時代を舞台にした、「オオカミ族の少年」のシリーズ。

そんなわけで今回は、児童文学を素材に
大自然の中で生きるということを語り合います。

コントロールできない自然の中で、不安を抱えながらではなく、
愛と感謝に溢れて生きることにはどうしたらいいのか?

自然の驚異を前に明日死ぬかもしれなくても、今日を笑顔で過ごせるのか?

失敗するかもしれないと思いながら、物事に立ち向かうにはどうしたらいいのか?

児童文学に限らず、自然との共生、
心やたましいのことが好きな方ならお楽しみいただけると思います。

お誘い合わせの上、是非、いらしてください!

■日時 2010年9月25日(土)19:00〜21:00

■料金 ¥1000 

■定員 15名

キノコ荘MAP.jpg

●場所:キノコ荘
    札幌市西区琴似1条2丁目1-10
   JR琴似駅から徒歩5分
   地下鉄琴似駅から徒歩7分 
地図はこちら↓
http://kinoko-kotoni.jimdo.com/アクセス/

※琴似駅前メイン通り沿いのブックオフと自然食品店anewの正面に細い道があります。
そこを100mくらい入って左側、黒い屋根二階建て一軒家です。

※和室となります。和室で過ごしやすい服装でお越し下さい。

※駐車場はございませんが、同じ細道沿いにコインパーキングがございます。
(30分間100円、一日600円出し入れ自由)

★お申し込みはこちら
asahioka★@hotmail.com(★を抜いて送信してください)

メールの件名を「児童文学の会」
とし、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎児童文学の会 に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
 お申し込みの動機:
================================================

ふたこバイオリン.jpg

■案内人:二子 渉
HP http://www.geocities.jp/processworkwf/index.html
ブログ http://windshamanwf.blog34.fc2.com/

工学博士。カウンセラーとして個人セッションを行っているほか、瞑想指導や、「地球に生きることをたっぷり味わう」をテーマに、音楽、料理、自然などあらゆるものを味わい、豊かさを享受するプログラムを提供中。彼が主催するネイティブアメリカンの智恵と技術を伝えるセミナーは、地球に生きていることの意義を実感できると感動を呼んでいる。好きな児童文学作家は、ミヒャエル・エンデ、宮沢賢治など。今熱いのはミシェル・ペイヴァー「オオカミ族の少年」ほか。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

■ぐるぐる的大人のための絵本茶話会「めくるめく異世界への旅」

このイベントは終了いたしました!


小樽のキッチンぐるぐるで、定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

テーマは「めくるめく異世界への旅」。

東京での第2回児童文学読書会と同じテーマを選んでみました。

東京で熱く語ってきたことを、小樽でも語らせてください。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
      絵本に見る「めくるめく異世界への旅」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!

今回のテーマは、「めくるめく異世界への旅」(^^)


子どもの本に良く描かれる異世界への旅、「行きて還りし物語」は
どのような役割を私たちの魂に果たしているのでしょうか。

これら異世界の物語りに触れることは、
私たちにどのような効果を与えてくれるのでしょうか。

ぜひどっぷりとインナートリップをしに来てください。


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

絵本WS東京050710.3.jpg

日時:2010年7月17日(土)15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)
地図はこちら http://sprtcoach.com/otarumap.html

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:

珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

■【東京】第2回児童文学読書会

このイベントは終了いたしました。


2010年2月、東京の起業コーチ、青葉航さんのご尽力で第1回児童文学読書会が実現しました。

100219児童文学読書会読み聞かせ中.jpg

とても好評でした。
皆さん熱い感想を述べてくださいました。
皆さん目頭を拭いてくださいました。

 ※その時の様子
  http://ameblo.jp/tamahomisio/entry-10466556128.html

私が私の好きなものを語っただけで、こうして感動してくださる人たちがいる。

大きな励みになりました。


そして今回、第2回児童文学読書会が実現します。

今回は音響設備のあるライブスペースを使用させていただきます。


ライブスペース画像2.jpg 

声を張り上げて朗読をしてきますね。

バックに音響や映像を流すことも考えてます。

とても楽しみです。

100219東京児童文学読書会集合写真.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●【東京】珠帆美汐 児童文学読書会
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

かならず課題と葛藤と、それを乗り越えた内面の成長が描かれる文学、児童文学。

「魂の成長を大切にするコーチ」という意味で「スピリチュアルコーチ」を名乗る珠帆美汐が、その児童文学を語ると?

一緒にキラキラした子ども時代の思い出の中心にいつまでも輝き続ける文学について熱く語り合いましょう。

第二回目となる今回はライブスペースを会場としてご用意しました。

そちらのしっかりした音響設備を利用し、絵本をBGMと映像付きで読み聞かせ予定。

取り上げる分野も、それらの効果が生きるようにファンタジーなストーリーを中心にと思っています。


子どもの本に良く描かれる異世界への旅、「行きて還りし物語」は
どのような役割を私たちの魂に果たしているのでしょうか。

今回、外界からきちんと遮断されたライブスペースでこれら異世界の物語りに触れることは、
私たちにどのような効果を与えてくれるのでしょうか。

ぜひどっぷりとインナートリップをしに来てください。

■日時:2010年7月1日(木)2時〜5時

■参加費:4000円


ライブスペース画像.jpg


■場所:ライブスペース「スペシャル・カラーズ」中野・新井薬師前
    http://specialcolors.jp/access/
    最寄り駅:西武新宿線「新井薬師前駅」より徒歩5分
    1階の「あらいやくし整骨院」ピンクの看板が目印です。
    中野区新井5-9-1 アーバンハイム津嶋・地下1階 03-6425-7830

■主催:青葉航
http://homepage3.nifty.com/watarun/profilewataru.htm

★お申し込みはこちらのメールフォームまで。

PC用
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P46788834

携帯用
https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P46788834


◎とりあげようかなと候補に挙がってる本たち
「モチモチの木」
「かいじゅうたちのいるところ」
「ミオよわたしのミオ」

◎グランドルール
・この読書会は連続企画になる予定ですので(^^)
 次回読書会までに今回紹介した本のうち一冊は必ず読む
・冒険する
・正直である
・挑戦する

100219児童文学読書会テーブルを囲んで.jpg

【珠帆美汐からのメッセージ】
私は児童文学が好きです。

絵本も好きですが、何よりも児童文学が好き。

物心ついた、小学生から思春期くらいまでの子ども達を対象とした文学。
児童書。

「本」が好きなのです。

文字がいっぱいの。

ストーリーのある。

私はずっしりした骨太のストーリーに没頭したいのです。


大人の本もまた、物足りない。

どこかで「ケッ」と思ってしまうことが多い

いや、「ケッ」と思わない本に出会うこともあるんですよあせあせ(飛び散る汗)

村上春樹とかヘッセとかサマセット・モームとか(我ながら渋い趣味)好きです黒ハート

でも、大人の本は大半、物足りない。高い確率で不満。

児童文学はいい。高い確率で感動する。胸を打たれる。

「それはなぜだろう?」と自分でも不思議でした。

赤木かん子さんの文章の中にヒントがありました。

「児童文学には必ず内面の成長が描かれる」。

赤木かん子さんが児童文学が好きな理由がそこだったそうです。

すごい共感。

私もだから児童文学が好き。

停滞や退廃や絶望や、または淡々とした日常が描かれることがある大人の文学より、

私は断然、課題との直面、葛藤、それを乗り越えての内面の成長、そして未来と希望が描かれる児童文学が好き。


★2010年6月5日、6日(土日)に、北海道余市郡赤井川村の珠帆自宅にて、児童文学ワークショップ合宿を予定しています!
http://tamaho.seesaa.net/article/142063297.html

・6月5日(土)13時小樽集合
 6月6日(日)17時小樽解散
・定員8名(宿泊は6名まで)
・参加費18000円
・宿泊・食費5000円(1泊3食付き。通いの方は食費として2000円)
 ◎合計23000円
・講師:青葉航、珠帆美汐

【プログラム(予定)】
・6月5日(土)
13時〜15時小樽→珠帆自宅まで移動。休憩、周囲散策など。
15時〜18時ワークショップ
18時〜20休憩(食事・入浴)
20時〜21:30ワークショップ
18時〜ドラムサークル
19時〜21時(食事・入浴)
21時〜22時自由遊びタイム(絵本朗読あるかも?)
・6月6日(日)
8時朝食
9時〜11時ワークショップ
11時〜散歩、戸外での食事など(天候による)
14:00−16:00ワークショップ
17:00小樽にて解散
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

■児童文学ワークショップ合宿in赤井川村@珠帆邸

この講座は終了いたしました。

児童文学合宿。

これが実現するなんて。

ウルウルです

感涙です。



私の大好きな大好きなもの、児童文学。

それにだれも興味を持ってくれない、ってとても悲しく思ってました。

誰も児童文学なんて好きじゃない、少なくとも私のまわりの人は、って。

黙ってあきらめて封印してました。

すごく寂しかったし残念だったしがっくりきてました。


それを、語ってもいいの?興味持ってくれるの?聞きたいって思ってくれるの?

2/19の金曜日、東京の起業コーチ青葉航さんが是非にと強く背中を押してくださり、
「児童文学読書会」三時間セミナーを東京白金台のカフェにて開催することができました。

私にとって、大きな大きな一歩でした。



長い間の封印を解くと、私の愛はほとばしりました黒ハート

私が、私の大好きな本について語ると、なぜか皆さんハンカチを出して目頭を押さえられるのです。

悲しい話なんて、してないんですよ?

終わってから、口々に「感動して涙が出た」って言っていただきました・・・

私が私の好きなものについて語るだけで、人の心を揺り動かせる・・・

ものすごく不思議な体験でした。

そして、とても嬉しかった。


企画・主催してくださった青葉航さん、本当にありがとうございました!!

いくら感謝しても感謝したりません。

私の一部が、息を吹き返しました。

私の大切な一部を、取り戻しました。

ありがとうございました晴れ


100219児童文学読書会読み聞かせ中.jpg100219東京児童文学読書会集合写真.jpg100219児童文学読書会テーブルを囲んで.jpg


そして6月5日6日、児童文学合宿が実現します。

場所は、北海道の我が家です。


二泊三日、泊まり込みで児童文学について語り、ドラムサークルを楽しみ、北海道の自然の中を散策すると・・・

何が起こるでしょう。

とても楽しみです。


書棚 ファージョン、ケストナー.jpg家の前を歩く私090714.jpgバッチ勉強会.JPG

 ■講師:珠帆美汐、青葉航

 ■日程:6月5日(土)13時小樽駅集合
       6日(日)17時小樽駅解散

 ■定員8名(宿泊は6名まで) 残席6名

   1.A.N様(2010年2月20日申込受付)
   2.S.S様(2010年2月21日申込受付)
   3.(残り枠)
   4.(残り枠)
   5.(残り枠)
   6.(残り枠)
   7.(残り枠)
   8.(残り枠)
  ※ご入金をもってエントリー手続きが完了となります。キャンセル待ちも受け付けます。

 ■参加費:18,000円 ※交通費&宿泊代は各自
   宿泊・食費5,000円(1泊3食付き)※通いの方は食費として2,000円

   計23,000円

   お振込先:みずほ銀行 四谷支店 普通 8059952
          インスパイア ダイヒヨウ ナカムラ ワタル

 ■内容:(プログラム予定)

 ・6/5(土)
  13〜15時小樽→珠帆自宅まで移動。休憩、周囲散策など。
  15〜18時 ワークショップ
  18〜19時 ドラムサークル
  19〜21時 休憩(食事・入浴)
  21〜22時 自由遊びタイム(絵本朗読あるかも?)

 ・6/6(日)
  8時〜 朝食
  9〜11時 ワークショップ
  11時〜 散歩、戸外での食事など(天候による)
  14〜16時 ワークショップ
  17時 小樽にて解散


→児童文学の会お申し込みフォームはこちらです。
  PC用
  https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P46788834

  携帯用
  https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P46788834



 <スケジュール>

 ■小樽までは現地集合ですので、各自お越しください。
 (6/3、4に行われるソースワークショップと続けて参加されるのもお奨めです。
 ソースワークショップでワクワクを取り戻し、児童文学合宿で童心に返る。得られるものが多そうですぴかぴか(新しい)

 【モデル日程】

 5(土)羽田空港→千歳空港→小樽駅→赤井川村

 6(日)赤井川村→小樽→千歳空港→羽田空港

 ※最寄り空港は新千歳空港です。

 ※会場である我が家に直接来てくださってもかまいません。
  自家用車利用の場合:札幌より 札樽自動車道 朝里インターチェンジ下車
   →R393で赤井川村方面、
  もしくはR5より道道余市赤井川線にて札幌−赤井川村約80分(札樽自動車道)

 ※送迎利用の場合:JR小樽駅に13時に集合ください(新千歳空港駅から約70分)。


◎とりあげようかなと候補に挙がってる本たち
・ツバメ号とアマゾン号(アーサー・ランサム)
・トムは真夜中の庭で(フィリパ・ピアス)
・ともしびをかかげて(ローズマリ・サトクリフ)
・リンゴ畑のマーティン・ピピン(ファージョン)
・誰も知らない小さな国(佐藤さとる)
・ウォーターシップダウンのウサギたち(リチャード・アダムス)
・台所のマリアさま(ルーマー・ゴッデン)

◎グランドルール
・この読書会は連続企画になる予定ですので(^^)
 次回読書会までに今回紹介した本のうち一冊は必ず読む
・冒険する
・正直である
・挑戦する

書棚 アーサーランサム.jpgベランダで夕食.gif

 ■場所:あさひ丘工房(珠帆美汐の自宅です) 
     北海道余市郡赤井川村
      サイトhttp://www.asahioka.com/index.html
      地図http://www.asahioka.com/road_information.index.html


絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。



青葉航.jpg

■青葉 航プロフィール
http://homepage3.nifty.com/watarun/青葉

プロフェッショナル起業コーチ
VOICE社公認ソーストレーナー
NLPマスタープラクティショナー
NLPトレーナーアソシエイト

ドラムサークル・ファシリテーター
野外冒険教育インストラクター
元 ベンチャー・キャピタリスト

米国CTI認定 プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
国際コーチ連盟(International Coach Federation)会員
特定非営利活動法人 日本コーチ協会(JCA)会員
日本アウトワード・バウンド協会「JALT2006」修了

  【VOICE社公認ソース・マスタートレーナー】 ソース歴10年
   ソース・トレーナー養成講座(6期)を2002年6月に修了。
   ソース・アドバンストレーナー養成講座の講師を務めているマスタートレーナー。

  【プロフェッショナル起業コーチ】 コーチング歴10年
   コーチ養成機関CTIジャパンの応用コース(3期)を2001年7月に修了。 
   米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチの資格を2004年7月に取得。
   NLPマスタープラクティショナー(国際NLP協会)。

  【起業支援の専門家】 起業支援歴15年
   投資会社を経て、ブランドライセンス管理会社の役員、
   起業コンサルティング会社の社長を歴任。
   これまでに4千人を超える起業家と面談した経験と、
   コーチングやソース、NLPのメソッドを効果的に組み合わせて、
   長続きする「スロー&リラックス起業」をテーマに「起業セミナー」を開催中。

   おだやかな人柄と鋭い直感力、広い視野・好奇心を持ち、
   起業家、ビジネスマンからスポーツ選手、アーティスト、医師、コーチ、セラピスト
   まで幅広いクライアントに支持されている。
   現在は、60名を越える契約クライアントへの「起業コーチング」のほか、
   個人ブランドコンサルティング、ワークショップを提供中。
   ボイストレーニング教室やヨガ教室もプロデュースし、心身両面に働きかけて
   「人生の節目(過渡期)」を楽しみながら成長するサポートを行っている。
   ドラムサークル・ファシリテーター、野外冒険教育インストラクター。

 ★もっと詳しいプロフィールはこちら
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

■ぐるぐる的大人のための絵本茶話会〜絵本に見る「めぐるいのち」

このイベントは終了いたしました


小樽のキッチンぐるぐるで、定例の絵本茶話会を開かせていただきます!!

テーマは「めぐるいのち」。

私はどんだけ「いのち」に熱いんでしょうね。


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
      絵本に見る「めぐるいのち」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!

今回のテーマは、「めぐるいのち」(^^)

以前、「絵本に見る生と死、そして老い」のテーマで
絵本茶話会を行ったことがあります。

今回、「老い」はテーマから外しました。
大きすぎるテーマを複数取り扱うと焦点がぼやけてしまうかも、と。

今回、いのちが地球上をどのようにめぐっていくのかだけに
焦点を絞ります。

より一層シンプルにまっすぐと絵本からのメッセージが届くことでしょう。


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

絵本WS東京050710.3.jpg

日時:2010年2月27日(土)15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:こちらのメールフォームまで
http://my.formman.com/form/pc/VHy2j0DTOjEY0LNQ/


メールフォームがうまく送信できない場合は
珠帆美汐事務局までメールでお申し込みください。
メール tamaho_mishio★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。



posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

■【東京】児童文学読書会

このイベントは終了いたしました


私は児童文学が好きです。

絵本も好きですが、何よりも児童文学が好き。

物心ついた、小学生から思春期くらいまでの子ども達を対象とした文学。
児童書。

「本」が好きなのです。

文字がいっぱいの。

ストーリーのある。

私はずっしりした骨太のストーリーに没頭したいのです。


大人の本もまた、物足りない。

どこかで「ケッ」と思ってしまうことが多い

いや、「ケッ」と思わない本に出会うこともあるんですよあせあせ(飛び散る汗)

村上春樹とかヘッセとかサマセット・モームとか(我ながら渋い趣味)好きです黒ハート

でも、大人の本は大半、物足りない。高い確率で不満。

児童文学はいい。高い確率で感動する。胸を打たれる。

「それはなぜだろう?」と自分でも不思議でした。

赤木かん子さんの文章の中にヒントがありました。

「児童文学には必ず内面の成長が描かれる」。

赤木かん子さんが児童文学が好きな理由がそこだったそうです。

すごい共感。

私もだから児童文学が好き。

停滞や退廃や絶望や、または淡々とした日常が描かれることがある大人の文学より、

私は断然、課題との直面、葛藤、それを乗り越えての内面の成長、そして未来と希望が描かれる児童文学が好き。

書棚 リンドグレーン.jpg


東京の起業コーチ、青葉航さんも児童文学がお好きだとか。

昨秋、我が家でソースワークショップを開いてくださったときに我が家の本棚を見て、

「たまちゃん、東京で児童文学読書会をしましょう。

そしていつか、この家で児童文学合宿をしましょう!」

って言ってくださいました。

「この蔵書はリソースですよ。

たまちゃんの子どもの本の知識と情熱と愛はリソースです。

これを活かさない手はありません!」


と力強く言ってくださいました。


そして、2月19日、航さんのご尽力で児童文学読書会が実現します。

よかったらいらしてください。

場所は、白金台のカフェです。

書棚 ファージョン、ケストナー.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●【東京】珠帆美汐 児童文学読書会
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

かならず課題と葛藤と、それを乗り越えた内面の成長が描かれる文学、児童文学。

「魂の成長を大切にするコーチ」という意味で「スピリチュアルコーチ」を名乗る珠帆美汐が、その児童文学を語ると?

皆様も、ご自分の大好きな本を各自一冊ずつ持参し、その魅力を聞かせてください。

一緒にキラキラした子ども時代の思い出の中心にいつまでも輝き続ける文学について熱く語り合いましょう。


※絵本も3〜4冊読み聞かせします。

■日時:2010年2月19日(金)2時〜5時

■参加費:3000円

■場所:白金台「カフェ・アリーナ」貸切
    地下鉄三田線・南北線「白金台」駅より徒歩1分。
    港区白金台4-7-12
    http://homepage3.nifty.com/watarun/cafe_arina.htm

■定員:12名 

■主催:青葉航
http://homepage3.nifty.com/watarun/profilewataru.htm

★お申し込みはこちらのメールフォームまで。

PC用
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P46788834

携帯用
https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P46788834

◎プログラム(予定)
・各自自己紹介。特に大好きな一冊についてその魅力、思い出について語る。
・青葉航より珠帆美汐について紹介
・珠帆美汐が特に大好きな児童文学4〜5冊について熱く語る。
・児童文学とは?人格形成におけるその意味は?

◎とりあげようかなと候補に挙がってる本たち
・ツバメ号とアマゾン号(アーサー・ランサム)
・トムは真夜中の庭で(フィリパ・ピアス)
・ともしびをかかげて(ローズマリ・サトクリフ)
・リンゴ畑のマーティン・ピピン(ファージョン)
・誰も知らない小さな国(佐藤さとる)
・ウォーターシップダウンのウサギたち(リチャード・アダムス)
・台所のマリアさま(ルーマー・ゴッデン)

◎グランドルール
・この読書会は連続企画になる予定ですので(^^)
 次回読書会までに今回紹介した本のうち一冊は必ず読む
・冒険する
・正直である
・挑戦する

書棚 アーサーランサム.jpg


★2010年6月5日、6日(土日)に、北海道余市郡赤井川村の珠帆自宅にて、児童文学ワークショップ合宿を予定しています!
・6月5日(土)13時小樽集合
 6月6日(日)17時小樽解散
・定員8名(宿泊は6名まで)
・参加費18000円
・宿泊・食費5000円(1泊3食付き。通いの方は食費として2000円)
 ◎合計23000円
・講師:青葉航、珠帆美汐

【プログラム(予定)】
・6月5日(土)
13時〜15時小樽→珠帆自宅まで移動。休憩、周囲散策など。
15時〜18時ワークショップ
18時〜20休憩(食事・入浴)
20時〜21:30ワークショップ
18時〜ドラムサークル
19時〜21時(食事・入浴)
21時〜22時自由遊びタイム(絵本朗読あるかも?)
・6月6日(日)
8時朝食
9時〜11時ワークショップ
11時〜散歩、戸外での食事など(天候による)
14:00−16:00ワークショップ
17:00小樽にて解散
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

☆このイベントは終了いたしました


 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ●【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
  芸術の秋、絵本に見る「燃えあがる情熱、めくるめく感動。」
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!

今回は、新しいテーマでいきます!

「燃えあがる情熱、めくるめく感動。」(^^)


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。

絵本WS東京050710.3.jpg

日時:2009年10月31日(土)15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:珠帆美汐事務局までメールでお申し込みください。
メール tamaho_mishio★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「ぐるぐる絵本ワーク 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ぐるぐる絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================

絵本読み聞かせ 丸抜き、ぼかし.jpg

■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/
ひらめき絵本について書きためたコラムはこちら
http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
1993年生まれと2000年生まれと2007年生まれの、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。

shelf-12.jpg

【11/30アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。



posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

■【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会

☆このイベントは終了いたしました

【小樽】ぐるぐる的 大人のための絵本茶話会
 「絵本に見る生と死、そして老い」

tamahojirusi1.gif珠帆美汐は「珠帆印特選セラピスト」に紹介されています。


知る人ぞ知る個性的な喫茶店、小樽の「キッチンぐるぐる」にて、

スピリチュアルコーチ珠帆美汐(たまほみしお)が

大人のための絵本茶話会を開きます!

今回は、テーマを設定しました!

札幌でやって大好評だった「絵本に見る生と死、そして老い」です(^^)


 優れた絵本は

 まるで恋のように
 魂を刺激し
 揺さぶり
 震わせ
 活性化する。

 この私の持論を、
 ぜひ体験して実感してみてください。


日時:6月13日(土)15:00〜17:00

場所:キッチンぐるぐる(tel:0134-24-2300)
   〒047-0021 北海道小樽市入船1-6-16
  (JR南小樽駅より徒歩5分 南小樽生協斜め前)

参加費:1000円(ワンドリンク付き)

定員:先着10名

★お申し込み方法:珠帆美汐までメールでお申し込みください。
メール asahioka★@hotmail.com (★を抜いて送信してください)

メールの件名を「愛と桃舎イベント 申し込み」
とした上で、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎やさしいファシリテーション講座 に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
お申し込みの動機:
================================================


■講師紹介:珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
セラピスト開業・独立サポートプロジェクト(略してセラサポ)代表。
セラサポHP http://serasapo.blog112.fc2.com/
私が選んだ優秀なセラピスト一覧「珠帆印特選セラピスト」
http://therapist-jp.com/

兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
中学生と小学生と乳児の、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。



【11/30アンケート結果より抜粋】

・これからの生き方、人や子どもに伝えていきたいと思いました。
(37歳、主婦、札幌市)

・すべて命だとか天の恵みもいただくなど、生かされていることを
実感しました。(匿名希望)

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・自然や周りに当たり前にあるものに常に感謝をして生きていこうと
思いました。
 生をいただいたものに恥ずかしくないように精一杯生きたいと
思いました。
 学校で習う「弱肉強食」ではまったく伝わらない深さを感じました。
(35歳、会社員、北広島市)

・生きること、めぐること、ゆったりと暮らすこと、本当に大切なことは、
流れに逆らわず、自分もまわりも尊重して生きていくことなのかなと思い
ました。

 良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・今日は素敵な絵本を紹介していただいてありがとうございました。
 命は巡っているんだよ、だから命は自分一人のものではないんだ、
命を作っている自然も大切にしていかないと・・・いろいろなことに
気づかされました。(39歳、薬剤師、札幌市)

・今日のテーマ"生と死"、自分の中で大切なことが確認できて、とっても
良かったです。(47歳、札幌市)

・子どもに絵本を読むのが好きですが、あえてこのテーマで考えたことが
なかったので、とても興味深く参加しました。

 100パーセント以上満足しました。
「生きる」ことを根源から掘り起こすようなメッセージ性に心を揺り動か
されました。
 また、読んでもらう幸せを味あわせていただき感謝です。(55歳、札幌市)

・絵本の中に込められた「命の輪」は、老若男女いろんな人たちに伝えたい
と思いました。
感謝とつつましやかな気持ち、そして変わらない日常の大切さに気づかされ
ました。(43歳、主婦、札幌市)

・衝撃的な出会いがたくさん!! ありがとうございました。
 
 "死に様"、それにつながる命の尊さ。

 珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

(「おとなのための絵本」を謳っている作品は実は嫌いだったりする^^;
かえって甘ったるいふにゃふにゃした作品が多いような気がして。)

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。



子どもにいい絵本と巡り会う機会を提供するために、という趣旨の
おとな向け講座やセミナーはたくさんあると思うんですね。

また、「おとなのための絵本」も本屋にはたくさん並んでいる。

そうではなく、あえて子どものための作品が、おとなに対して持つ力、影響力に注目したい。

子どもために生み出された絵本の中の優れたものを、
おとなとして観賞する機会を提供したいのです。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

そんな体験ができるような場を模索中です。


posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

■【東京・国分寺】珠帆美汐×山田かおる 絵本コラボワークショップ「絵本をカラダ全体で楽しもう!」

☆このイベントは終了いたしました

4月4日5日(土日)に千葉でスピリチュアルコーチングセミナーを開きます。

その前日、4月3日(金)は東京国分寺で、絵本読み聞かせコラボワークショップを開くことになりました!

よろしければいらしてくださいね!!

   −−−−−−−−−−−

心をリセットして
まっしろな自分で出会うものは
自分の中にうごめく可能性を触発してくれる触媒だと思いませんか?

私の中をくすぐり、
どんな時でもわずか数分で
一緒に私のからだも動き出してしまう
その言葉の響き。
絵とのハーモニー。
絶妙なものがたり。

私のからだとその絵本が出会ったとき、
かならず動き出すのは
甘露な微弱電流が流れ出るからだと思いました。

その電流が走ると、受身だけではいられない。
動き出したい衝動と端まで味わいたい味わいつくしたい欲望。
その感覚に身をゆだねた時、
今までの私は一度死に、生まれ変わってしまう・・・・

ゆるんだ新しい私に出会えます。


絵本を読むことって
整体なの?
セラピーなの?
アートなの?

恋?!

だからもちろん、
絵本なら何でもよいわけではありません。
からだのうちがわはちょっとの違和感でもかんじます。

幼少から絵本が大好きで、
くり返しくり返し絵本と向き合いつづけてきたたまちゃんが
こっそり教えてくれた珠玉の絵本たちは、
なぜか私のからだのスイッチを確実に押してくれます。

数年前に受けた
たまちゃんの絵本ワークショップでは
そんな運命の絵本に出会えたのです。


このワークショップでは
山田かおるがお得意のからだほぐしでみなさんのからだをリセットした後
たまちゃんの絵本に出会う時間を作ります!

恋しようよ!


■日時:2009年4月3日(金)10:00〜12:00
(同日、同会場にて、午後、珠帆美汐お話会やります。
http://tamaho.seesaa.net/article/113717786.html
よかったら通し参加してくださいね。)

■参加費:2000円
※絵本の選び方などをわかりやすく説明した資料をもれなくプレゼント!

●場所:国分寺市立いずみホール 会議室(和室)
東京都国分寺市泉町3-36-12
TEL 042-323-1491 FAX 042-327-3555
JR中央線・武蔵野線西国分寺駅南口より徒歩1分
※駐車場なし

 アクセスはこちら↓
 http://kokubunjiizumi.typepad.jp/main/map.html

◆先着12名様まで!
和室を使いますので、和室でも過ごしやすい服装でおいでください。

■お申し込み・問い合わせ先:山田かおる
E-メール:kaorun.kaoru@nifty.com
携帯:090-1799-8207

メールの件名を「絵本ワーク 申し込み」
とし、下記の項目をお知らせください。
================================================
◎ 絵本ワーク に申し込みます。
 お名前:
 メールアドレス:
 携帯電話番号:
 何を見て知りましたか:
 お申し込みの動機:
================================================


■講師:スピリチュアルコーチ 珠帆美汐(たまほみしお)
サイト http://sprtcoach.com/
絵本・児童文学書評コラム http://mishio.seesaa.net/category/1742590-1.html
兵庫県姫路市生まれ。早稲田大学 第一文学部 東洋哲学科卒。
中学生と小学生と乳児の、年の離れた三人きょうだいの母。
◆CPCC (Certified Professional Co-Active Coach) 
米国CTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ
◆図書館司書資格 ◆絵本児童文学研究センター基礎講座修了

絵本と児童文学をこよなく愛し、語らせると二時間は止まらない。
自分では「児童文学TVチャンピオンってのがあったら、きっと予選には
残れるだろう」と思ってたりする。

自宅を児童文庫として解放するのが子ども時代からの夢。
その夢に向かって、大量の優れた絵本・児童文学を自宅に収集するも、
ド田舎に住みすぎて近くに子どもがおらず、この夢は一旦保留中。


■講師:山田かおる
ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/kaorunkaoru/
ボディーワークや演劇や整体のワークショップに参加するのが大好きで、
12年ほど前から各種ワークショップに参加し、
日常生活でもほぐれた暮らしをしています。
上記ワークショップ参加歴や摂食障害を長年続けていた体験から、
「外(人間関係、食べ物、情報)とのコミュニケーションは、
自分が自分らしくリラックスできていることだ大事だ!」と知り、
自分らしさやリラックスをテーマに活動しています。
今回のワークショップでは、たまちゃんと参加者のみなさんで作った場の力も借りて
一皮向けたいとの野望を持つ。

東京都東村山市生まれ。
女子栄養大学を卒業後、中学校家庭科教員を10年勤めました。
現在中学生と幼児の二人の母。
タロット・易・西洋占星術とカウンセリング技術を使って占い師をしています。



【11/30「絵本ワークショップin札幌」アンケート結果より抜粋】

・読まれる声のトーンが素晴らしく心に響きました。(匿名希望)

・良い絵本の選び方なども書いてるすごくわかりやすい資料が付いている
ことに感動しました(^^)
 良い絵本はおとなの心を大きく揺さぶるな、と強く感じました。
(30歳、WEBデザイナー、札幌市)

・100パーセント以上満足しました。
「生きる」ことを根源から掘り起こすようなメッセージ性に心を揺り動か
されました。
 また、読んでもらう幸せを味あわせていただき感謝です。(55歳、札幌市)

・珠帆さんの一言一言が琴線に触れました。
 こういう言葉を選ぶのか、と何度も電気が走りました。
 また次回を楽しみにしています。(43歳、札幌市)



【珠帆美汐からのメッセージ】

絵本を使ったワークショップ。

コンセプトは「絵本は恋に似ている」
「?」ですよね(笑)

優れた絵本は、大人の心をもわしづかみにし、揺り動かします。
まるで恋のように。

私はそこに注目したいのです。


良い絵本は、総合芸術作品です。

絵画であり、詩であり、物語です。

人の声にのせて読み聞かせれば、
そこに演劇の要素、朗唱の要素が加わります。

このような総合芸術である優れた作品が、
大人を深く感動させないということがあるでしょうか。


もちろん、絵本は本来子どものために存在するものです。

子どものために生み出された作品は、言葉も短く平明ですよね。
ストーリーも単純で力強く、絵も明快。

また、子どもたちの遠慮のない率直な評価にさらされる。
これほど厳しい試しはないと思うのです。

それを生き延びることのできる作品は本物です。

余計なものをたくさんしょいこんでしまい、
心の殻をすっかり厚くしてしまった大人にも切り込んでいく力を持っているのは、
そんな作品こそだと思うのです。

つまり、短く平明で単純で力強く明快な作品、
子どもの嘘がないまっすぐな目に鍛えられ、選りすぐられた作品。


人間は、直線上を移動するように成長するのではない。
年輪を描くように、同心円がふくらんでいくように成長するのです。

今日の朝ご飯をおぼえていられない老人でも
子ども時代の思い出は、昨日のことのように思い出す。

どれほど年輪を重ねても、中心にあるのは幼心であり童心なのです。

常に、自分自身の核として中心に存在している原初的なもの。

そこを刺激し、揺さぶり、震わせ、活性化する。

少し心洗われ、少し童心に返り、少し心が豊かになり、少し忘れていたものを思い出す。

まるで恋に落ちた時のように。
posted by スピリチュアルコーチたまちゃん at 16:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本・児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
セミナー開催日程一覧はこちら
RSS取得